【既婚者必見】不用な振袖は買取で売るとお得!気になる買取相場は?

未婚女性の第一礼装である振袖は、自分が結婚するタイミングで買取を利用すると高価買取が期待できます。
早めの決断、行動が振袖買取で得をするポイントです。

振袖の歴史と既婚者が着られない理由

振袖ってどんな着物?

普段あまり着物を着用しない現代でも、成人式などで女性が着用している機会を目にしますが、振袖はその名の通り「袖が振れるほど長い着物」のことです。

未婚女性の第一礼装として位置づけられており、お悔やみ事以外であれば、どの様な場面でも着用できます。

振袖は、子供用の着物が原型となっており、江戸時代に入ると長い袖の見栄えが流麗に見えることから、若い女性の着用する着物の袖丈が徐々に伸びるようになり、現在の振袖の形になったと言われています。

振袖は袖の長さも特徴ですが、他の着物に比べて色や柄がとても華やかで、特に慶事(結婚式、成人式、卒業式などのお祝い事)でよく着用されています。

訪問着などに比べると、振袖を作るのに時間と手間がかかるため、1着当たりの金額は全体的に高めです。

現在は、着物のレンタルサービスも多く、また振袖もインクジェットプリントによる色付けでより安く購入できるようになりましたが、やはり昔から行われている手描きの柄や手作業の染色は非常に品があり、今なお人気が高くあります。

振袖の中にも種類があった

「振袖は1種類」と思っている方が多いようですが、実は振袖は袖の長さによって3種類に分けることができます。

どれも、未婚女性の礼装であることに変わりはありませんが、袖の長さが魅力である振袖においては、どの種類を着用するかによってふさわしい場面が少し変わります。

現在、「振袖」と呼ばれる着物は、下記の大振袖と中振袖をまとめて指していることがほとんどです。

大振袖(袖丈約114cm)

「本振袖」と呼ばれる最も格式が高い振袖で、袖が一番長いタイプです。

正式には「着物の全面に絵柄のついている総柄のものに、五ツ紋をつける」とされていますが、現代では紋は入れない事がほとんどです。

大振袖は、昔は結婚式の花嫁衣裳として用いられることが多かったのですが、現在は身長の高い女性も多くなってきたため、成人式でもよく見かけられます。

中振袖(袖丈約100cm)

大振袖に比べて、袖丈が約14~15cmほど短いタイプの振袖で、大振袖に次ぐ準礼装にあたります。

現在、成人式で着用されている振袖の多くが中振袖で、他にも結婚式、卒業式の袴用など幅広いシーンで活用できます。

着物を着る機会が少ない現代では、よほど重要な場面でない限り、大振袖との格式の違いはそれほど重視されていない様です。

小振袖(袖丈約85cm)

振袖の中で最も袖丈の短いタイプで、礼装を気軽に楽しみたいパーティーやお茶会などの場面で利用されます。

今は、袴用として着用する時に用いられる事がほとんどで、成人式など振袖だけで着物を着る場面ではほとんど見かけることがありません。

総柄の入った小振袖であれば、格式が落ちるということはありませんが、どうしても見栄えを考えると中振袖や大振袖の方が好まれます。

振袖は結婚すると着られなくなる!

成人式で多くの女性が着ている振袖は、結婚して既婚者になると、残念ながら着ることができません。

そもそも振袖は、江戸時代に着物の長い袖を使って男性に愛情表現をするために使われていました。

既婚者となると他の男性に愛情表現を行う必要がないため、袖を短く切ったのです。

その考え方が現代にも残っており、振袖は未婚女性の第一礼装とされており、結婚前の女性だけが着られる特別な着物となっています。

つまり、どんなに高価な振袖を持っていても、結婚してしまっては着る機会がありません。

結婚の機会が訪れたら、お手持ちの振袖をどのように活用するのかも考えておきましょう。

不要になった振袖の活用方法

袖を短くして訪問着にする

袖の長い振袖は未婚女性しか着ることができませんが、袖の丈を切って短くし、訪問着に仕立て直すことで既婚者になっても着用することができます。

ただし、袖一面に模様が入っている振袖や、肩から模様が続いている振袖が多く、袖を短くすることで柄が途切れてしまいます。

このようなデザインの振袖の場合、仕立て直しをすると半端な柄になってしまうため、袖を短くすることはできません。

また、振袖の色や柄は若い未婚女性向けに作られているため、年齢を重ねると華美になりすぎてしまう事があります。

着物は着用する人の好き嫌いだけでなく、年齢に応じて相応しいデザインを選ぶことも大切にされているため、若々しい明るすぎる色味や現代的なデザインは、訪問着に仕立て直しても使用できなくなる可能性があります。

呉服店ならどこでも着物の仕立て直しを依頼できるので、自分の振袖を結婚後も活用したいという方は、近くのお店で相談してみましょう。

将来子どものために振袖を取っておく

自分の子どもが成人式を迎えた時、自分が大切にしてきた振袖を着られるようにと20~30年ほど振袖を保管しておく方もいらっしゃいます。

現在では「ママ振袖」と呼ばれ、母親が昔着用していた振袖を自分の成人式で再度利用するという方もいます。

振袖を最も活用できる方法ではありますが、季節によって保管方法を変えなければならないため、長年手間をかけて保管する必要があります。

また、正絹は経年劣化する可能性が高く、虫食いやカビなどのトラブルが起こる事も多いため、着物に詳しくない方は状態良く保管するのは難しいものです。

さらに、手入れの難しさに加えて、少子化や結婚年齢の上昇といった背景も重なり、子どものためにと振袖を取っておいても必ず着用されるとは限りません。

買取店を利用して売る

「振袖はもう使わないから処分したいけれど、ただ捨てるのはもったいない」という人は、着物買取店を利用して売るのがオススメです。

買取店ではいらなくなった振袖を売ってもらうことで、中古品として再販したり、振袖レンタルへと活用します。

日本の景気があまり良くないことから、最近では新品の振袖を購入する方が少なくなり、中古品の振袖やレンタルの振袖を活用する方が非常に多くなりました。

自分の持っている振袖が手元からなくなるのは少し寂しい気持ちもありますが、振袖買取を利用すれば、使わなくなってしまった振袖を新しく求めている方に届けることができます。

また、買取店は寄付や廃棄ではなく売ることのできるサービスですので、いらなくなった振袖で経済的にも助かります。

どんなサービスを使って売るのがお得?

オークションやフリマアプリはNG

振袖を売る方法は買取店以外にもあり、最近ではネットオークションやフリマアプリの利用者も増えてきました。

自分で価格を付けられるのがメリットですが、写真撮影や文章作成、落札者・問い合わせの連絡など売るまでの手間を考えると、かなりの労力が必要です。

また、個人間取引となるためトラブルも多く発生しており、「記載されていたよりも状態が悪い」「書かれていないシミがあった」など様々なクレームと返金請求が入る可能性があります。

実際に、消費生活センターや警察でもインターネットオークションやフリマアプリの利用のトラブルに注意喚起をしており、安全性の面からあまりオススメできる方法ではありません。

リサイクルショップだと安く買い叩かれる恐れも

住まいの地域には、様々な不用品を買取っているリサイクルショップがあり、そこでも着物や振袖を売ることは可能です。

しかし、リサイクルショップの場合は着物の専門的な査定を行っている訳ではないので、正しい価値に基づいて金額をつけるのではなく、お店にとって必要かどうかだけで買取価格が判断されます。

そのため、買取店に査定を依頼するよりも安く買取られてしまうことが多く、金銭的に損をする可能性が高くなるので注意が必要です。

「いらない着物をまとめて処分する」という気持ちで利用するのであれば、手っ取り早く現金化できるので良いですが、少しでも高く売りたいという方は着物の査定に自信のある買取店を利用した方が安心です。

振袖の買取相場はどのくらい?

基本は買値の1/10!その他要素で相場が前後する

振袖は、訪問着や留袖などの他の着物に比べ、高く売れる可能性があります。

綺麗な状態の振袖であることが前提ですが、相場は購入価格の1/10程度と言われています。

市場の需要では、華やかな振袖の方が人気が高いため、総柄の振袖や明るい色味の方が高く買取ってもらいやすくなります。

また、小さなサイズは着られる人が限定されますが、大きなサイズであれば仕立て直しをすることでより多くの人が着用できるため、相場価格が少し高めです。

作家作品や有名百貨店・呉服店で販売されていた振袖は相場も高く、1着10万円を超える事もあるので、ぜひ価値の下がる前に買取ってもらいましょう。

振袖を売る時は着物単品だけでなく、振袖を着用する時にセットで揃えた帯やバッグ、草履、着付け小物なども揃えて売ると、より高い買取価格が見込めます。

良い状態で買取店を利用するのがベスト

振袖をより高く売るためには、できるだけ綺麗な状態で査定をしてもらう事が重要です。

レンタル振袖として活用されたり、中古として販売されることを考えると、シミや汚れの少ない状態の方が人気があるため、買取の時点でも高く評価されます。

正絹の振袖は紫外線や湿気に弱く、また虫食いも起こりやすいので、不要になったらすぐに売った方が良いでしょう。

また、正絹は経年劣化する可能性が高く、保管しているだけでも徐々に品質が定価してしまうため、この点からもなるべく早い段階で振袖の買取を利用するのがオススメです。

着物は普通の洋服に比べるとそこまで流行の入れ替わりは激しくありませんが、それでも毎年必ず需要のある振袖は、すぐに人気の色柄が変わってしまいます。

いらなくなった時点で早めに売るのは、良い状態で査定に出すというだけでなく、流行が大きく変わらないうちに買取ってもらうことで高く売れるという事も関係しています。

結婚が決まった、あるいは入籍をしたタイミングで振袖買取に申し込みをすれば、最もいい状態で振袖を買取ってもらうことが可能です。

振袖を売るのにおすすめな着物買取ランキング

↑PAGE TOP