振袖買取は結婚を機に利用するのがベスト!

未婚女性の第一礼装である振袖は、自分が結婚するタイミングで買取を利用すると高価買取が期待できます。

早めの決断、行動が振袖買取で得をするポイントです。

結婚したら考えたい振袖買取

結婚すると着られなくなる振袖

成人式で多くの女性が着ている振袖は、既婚者になると着ることができません。


そもそも振袖は、江戸時代に着物の長い袖を使って男性に愛情表現をするために使われていました。


既婚者となると他の男性に愛情表現を行う必要がないため、袖を短く切ったのです。


その考え方が現代にも残っており、振袖は未婚女性だけが切れる特別な着物となっています。


つまり、どんなに高価な振袖を持っていても、結婚してしまっては着る機会がありません。

結婚の機会が訪れたら、お手持ちの振袖をどのように活用するのかも考えておきましょう。

振袖買取を利用する?手元に残す?

着れなくなった振袖は、いくつかの方法で活用することができます。

袖を短くして訪問着にする

袖の長い振袖は未婚女性しか着ることができませんが、袖の丈を切って短くすることで既婚者になっても着用することができます。


ただし、袖一面に模様が入っている振袖や、肩から模様が続いている振袖が多く、袖を切ることで模様が切れてしまう振袖の場合は袖を短くすることはできません。

将来子どものために振袖を取っておく

自分の子どもが成人式を迎えた時、自分が大切にしてきた振袖を着られるようにと20~30年ほど振袖を保管しておく方もいらっしゃいます。

最も振袖を活用できる方法ではありますが、季節によって保管方法を変えなければならず、また正絹だと経年劣化する可能性が高いため、着物に詳しくない方であれば状態良く保管するのは難しいと言われています。


また、手入れの難しさに加えて、少子化や結婚年齢の上昇といった背景も相重なり、子どものためにと振袖を取っておく方は少なくなってきました。

振袖買取を利用する

振袖買取はいらなくなった振袖を買取ることで、中古品として再販したり、振袖レンタルへと活用されます。


日本の景気があまり良くないことから、最近では新品の振袖を購入する方が少なくなり、中古品の振袖やレンタルの振袖を活用する方が非常に多くなりました。


自分の持っている振袖が手元からなくなるのは少し寂しい気持ちもありますが、振袖買取を利用すれば、使わなくなってしまった振袖を新しく求めている方に届けることができます。

また、寄付や廃棄ではなく買取してもらうサービスですので、いらなくなった振袖で経済的にも助かります。


ただし、振袖の多くは正絹でできているため経年劣化する可能性が高く、高価買取を期待するのであればなるべく早い段階で振袖の買取を利用するのがオススメです。

結婚が決まった、あるいは入籍をしたタイミングで振袖買取に申し込めば、最もいい状態で振袖を買取ってもらうことができます。

↑PAGE TOP