着物買取の基礎知識

着物を買取に出す際に気になることや疑問に感じることをまとめてみました。売る前に一度チェックしておくとスムーズな着物買取が出来るでしょう。

着物買取前に知っておきたいこと

着物の査定額の付け方

着物は非常に有名な種類の物から、無名で安く手に入るのものまで幅広く存在します。

着物買取では、やはり友禅、大島紬、結城紬などの有名どころや、重要無形文化財を保有する有名作家の着物が最も高く値がつきます。


しかし、高級な着物だけでなく、比較的手ごろな着物であっても高い評価を得ることができます。

そのためには、保存状態が非常に大切です。


買い取られた着物は、ほとんどの場合が中古品着物として再販されます。

そのため、あまり手をかけなくても再販出来るような綺麗な着物であれば、プラス査定になるのです。


ただし、特殊なサイズ(大きすぎる、小さすぎるなど一般人の体格に合わないもの)は、保存状態が良くても買い手がなかなかつかないために、少し値が落ちてしまうようです。

着物の流行で高価買取を狙う

ファッションに流行があるように、実は着物にもその時々によって流行があります。


例えば、今の中高年~ご高齢の方が若い時に販売されていた着物の多くは、クリーム色やパステルカラーなどの淡い色味で光沢感の強いものが特徴です。


しかし、現在の流行は比較的しっかりとした色味の着物で、着物自体の主張が強いものが多いです。

また、特に柄は流行が最も表立って表現されやすい部分ですので、買取査定の時にはいつの年代でも着続けられる古典柄の方が評価が高くなります。

買取り出来る着物の種類

着物は正絹でないと買取できない!?

現在は安い着物の流通に伴い、ウールや化学繊維など様々な素材で着物が作られるようになりました。


買取査定に出す際に気を付けていただきたいのは、「どこのお店も原則、正絹以外の着物を買い取らない」ということです。

これは、着物そのものの価値として、正絹以外では価格が下がってしまうからなのです。

買取できない着物を買取してもらう方法

しかし、習い事のお稽古用などの用途として、正絹以外の着物を購入される方も多くいらっしゃいます。

そのような場合、正絹の着物と一緒に査定に出すことで、値を付けてくれることがあります。


また、同じ正絹であっても重量によって価格差がでてきます。

着物に使われる正絹は、「匁(もんめ)」という単位で重みが表わされます。


この匁が大きければ大きいほど、絹をたくさん使っているという証拠ですので、高額査定につながります。

ただし、汚損や破損のひどいもの、特殊なサイズ、重要の低い色や柄の場合には査定額が下がる可能性もありますのでご注意ください。

↑PAGE TOP