着物は今が売り時

着物は海外でも人気の服装であり、需要が高まっています。
日本国内でも東日本大震災などの影響で貴重な着物がなくなってしまったりと着物の価値が高まっているで、着物を売るなら今は非常に売り時であり、高価買取が期待できます。

世界における着物の価値

着物も多く被災した東日本大震災

平成23年3月11日、太平洋三陸沖を震源として発生した巨大な地震により、東日本大震災が起こりました。


東北地方に住む多くの方が被災され、家や街が崩壊し、今もなお復興が続けられています。

このような中で震災の影響により、東北地方にあった多くの着物が失われてしまいました


着物というと京都などの町をイメージされる方も多いですが、精好仙台平や白石紙布など高級品として扱われる生地が東北にも存在しており、この多くが震災の被害を受けてしまったのです。


また、東北地方の方が所有する着物の多くは、現在ではほとんど使い物にならないため、その他地域にある着物の価値が高まったのです。

着物は海外が注目する日本の文化

また、和食が世界無形遺産に登録されたこともあり、日本の文化が今まで以上に海外から注目されています。


その中でも着物は、生地の繊細な柄や職人による細かい芸の1つ1つが外国人から好評で、着物をわざわざ日本から輸入される方もいるほどです。


少し前までは、着物に見えるように作ったサテン地などの安価なものが外国人のお土産として人気を集めていましたが、今ではきちんとした作りの着物も安く手に入るようになりました。


また、着物は使用頻度があまり多くない物がほとんどのため、中古品になっても良い品が手頃な価格で手に入り、日本人にも外国人にも注目されています。そのため、以前よりも高額査定になることが多く、着物を整理したいと考えている方々に着物買取が好評なのです。

なぜ着物を売るなら今なのか

中古着物の利用幅が広い

着物が買取に出されると、中古品として再度売りに出されます。

今までは「中古着物」として安い価格で販売されてきましたが、現在は着物としてだけでなくバッグやきんちゃくなどの小物、アクセサリーといった雑貨などに形を変えて販売されることが多くあります。


着物が着物としてだけ売られた時期に比べ、今では多くの物に利用することができるため、査定額が以前よりも高くなっています。


傷みのある着物や無名作家の着物であっても、このような雑貨の素材として使用することもできますので、今までは値がつかなかったものでも買い取ってもらえることがあります。

今が着物高価買取のチャンス

着物は決して、安いものではありません。

高いものだからこそ思い出も詰まっており、簡単に捨てるわけにはいかないのではないでしょうか。


着物買取は、売りに出した着物は次のオーナーの元へ大切に届けられ、また新しい装いを作り出すお手伝いにもなります。


また、震災による着物の喪失、世界から注目される日本文化などの影響を受け、着物買取店での査定額が以前に比べて上昇しているため、今ならより自分のお財布の助けとなります。

着物の処分を考えられている方は、是非高価買取チャンスの今のうちに、査定に出されてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP