着物のクリーニング料金や頻度はどのくらい?

着物の着用後、汗や汚れが気になりクリーニングをする方も多いものです。どのくらいの頻度で出せばよいのか、また料金はいくらくらいか調べました。

着用後の着物のクリーニング頻度は?

着物クリーニングの意外な真実

呉服店やクリーニング屋さんでよく見かける「着物の丸洗い」は、一度着用したら行った方が良いのかなと思われるかもしれません。

確かに、着用した後は少なからず汗や皮脂が着いていますし、場合によってはファンデーションや泥などの汚れが付着しているかもしれません。

目に見えて汚れが分かる場合は、着用後すぐにクリーニングに出した方が良いでしょう。

ただし、着物の丸洗いは水を使わないドライクリーニングなので、油性の汚れはしっかり落とせますが、水溶性の汚れには弱いという特徴があります。

ホコリや垢、皮脂、排気ガス、ファンデーションといった汚れを落としたい時に、丸洗いをしましょう。

直接肌に触れるものではないため、それほど気にならない事が多いですが、汗や水溶性のシミが気になる場合は、部分的に水を使う汗取りクリーニングやシミ抜きを選びましょう。

長襦袢の汗や臭いが気になるという時は、水洗いをしてもらえるかクリーニング店に確認した方が安心です。

どのくらいの頻度でクリーニングするべき?

着物も衣類ですので、頻繁にクリーニングしてしまうと生地が傷んでしまいます。

着用する頻度にもよりますが、基本的には季節の変わり目を目安に、年2回ほどクリーニングすればOKです。

月1回以上着用するなど、割と頻繁に同じ着物を着る場合は、もう少し頻度が多くても良いかもしれません。

また、慶事・弔事などのイベントでしか着用せず、「今後、しばらくの間は保管しそうだな」という時には、着用後にクリーニングをしてから保管しておきましょう。

保管期間が長いと、付着しているシミや汚れが取れづらくなってしまうため、綺麗にしてからしまっておくのがオススメです。

着物のクリーニング料金はいくらかかる?

お店ごとのクリーニング料金を比較!

着物のクリーニングは高そうなイメージがあると思います。

だからといって、何円程度が相場なのかも分かりづらいものです。

今回は代表的なクリーニング店をピックアップし、「着物」「帯」「長襦袢」の着物のクリーニング料金(丸洗い)を比較してみます。

クリーニング店 着物 長襦袢
白洋舎(一般) 9,500~11,000円 4,500円 4,000円
ポニークリーニング(一般) 1,200円~ 1,000円~ -
そめの近江(専門店) 1,910~3,050円 1,910~1,960円 1,810円
きもの辻(専門店) 8,640~12,960円 3,780~5,400円 5,400円
リネット(宅配) 8,430~13,400円 6,770円 5,750円
白洋舎(宅配) 10,400~12,100円 4,900円 4,400円
平均価格 7,871円 3,778円 4,272円

上記の様に、着物のクリーニング料金はピンキリで、非常にお手頃なお店から、少し値の張る所まで様々です。

「着物クリーニング専門店だから高い」という訳でも、「普通のクリーニング屋さんだから安い」という訳でもありません。

そのため、料金だけで比較をするのではなく、洗いの内容やサービスもしっかりと確認してから依頼した方が良いでしょう。

また、近くに良いクリーニング店がない方や、忙しくて出しに行く時間がないという時は、宅配の着物クリーニングも便利です。

少し割高ではありますが、自宅から宅配便で送り、自宅へ届けてくれます。

買取前にクリーニングは出した方が良い?

着用後そのままにしてある着物を売りたい場合は、わざわざクリーニングに出さなくても大丈夫です。

クリーニングに出すと、その分査定時の生地の傷みが強くなってしまうことがありますし、場合によってはクリーニング料金の方が高くついてしまうという事も考えられます。

着物の買取では、仕立てたばかりの新品に近いほど高価買取になりやすいですが、目立つシミや汚れがなければそれほど査定には響きませんので、そのまま申し込みましょう。

クリーニング以外の面で、高く売るコツを知りたいという方は「着物を高価買取してもらう方法」をご参照ください。

↑PAGE TOP